2016年05月29日

5月の運動会(5/29)

今日は、5月の運動会でした。
昨日のキャンプに引き続いての運動会。
朝日を一緒に迎えての仲間もいっしょです。

緑の中での運動会。
園児はもちろん、大人も小学生も、家族いっしょにさんかします。
子供達のげんきな声と、大人たちのたのしい歓声。
たくさんの笑顔があふれたひとときでした。
DSCN2543 

totoroyouchisya at 19:57|Permalink

2016年05月27日

雨もたのしい(5/27)

朝のお集まり。
今日は、赤組さんの発表の時間がありました。
みんなに聞こえる声で、自分の事を話す。
おおきな社会に出て行く時に、大切な事です。

昨日の「ふわふわドーム」の遠足の話を、
絵を見せながら話してくれました。
DSCN2537 

















雨が降ったり止んだりの一日。
カッパを着て、外へお散歩。
キチンと並んで歩けます!(^^)
DSCN2539 

















公園にはところどころに水たまり!
たのしいたのしいドロンコ遊び(^O^)/
DSCN2542 

totoroyouchisya at 20:28|Permalink

2016年05月26日

赤組蛭ヶ岳登山 (5/22, 23)

神奈川県で最も高い山、蛭ヶ岳に赤組が登りました。

荷物を背負って山道を歩く、長距離を歩く、雨が降れば雨具を着る、服が濡れれば服を着替える、寝袋を敷く、親のいない山小屋で寝る。
赤組の日頃の活動の成果を全て使います。

image

エンチョーに続いて歩く赤組

天気にも恵まれ、日頃の活動のおかげで赤組はスイスイと登って行きます。

この登山には母親ではなく父親が一緒に参加します。

image

テントやコンロ等の共同装備を分担し登る父親達

山の中という非日常の中で、唯一身近な父親。
子供達には、普段よりも頼もしく格好いい背中に感じられた事でしょう。

image

黍殻避難小屋に到着し早速遊ぶ子供達

登り始めてから3時間程で黍殻避難小屋に到着しました。
格好良かった背中はどこへやら、疲れて座り込む父親達には目もくれず、子供達は走り回って遊んでいます。

お昼ご飯を食べてから、いよいよ蛭ヶ岳山頂を目指して歩きます。

image

黍殻避難小屋を出発し蛭ヶ岳山頂を目指す一行

共同装備を下ろし身軽になった父親達。
再び頼もしい背中を披露します。

image

姫次で休憩 (左奥に見えるのが蛭ヶ岳山頂)

ここからは登り下りを繰り返します。
子供達は山の中の風景に様々なものを見い出しながら楽しんで歩いています。

image

開けた場所からの風景

山頂に近くなると植生保護のための木道や階段が続きます。

image

山頂で記念撮影をする様子

遂に山頂に着きました。
子供も父親も全員が登頂できました。

image

ミルクご飯を食べる子供達

山頂付近で軽食を食べました。
今年は飯盒で炊いたご飯に練乳をかけたミルクご飯です。
程よい甘さに子供達は喜んでいます。

ここからは一気に下ります。

image

木や蔓で遊ぶ子供達

途中の広場での休憩中、木に絡まる蔓をブランコやトランポリンに見立てて遊ぶ子供達。
さっきまで、「足が痛い」「もう歩きたくない」と言っていた子も夢中になって遊んでいます。
それを眺める父親達の目はかなり疲れているように見えます。

image

夕ご飯を食べる子供達

黍殻避難小屋まで下りてきて、ご飯とメザシ、わかめの味噌汁の夕ご飯を食べます。
目一杯活動した子供達はモリモリとご飯を食べます。
最高に美味しいメザシだった事でしょう。

image

メザシを焼く父親

子供達の為に真剣な眼差しでメザシを焼く父親。
だんだんと納得のいく焼き具合になっていったようです。

ご飯を食べ終わると、一日中活動していた子供達は静かに眠りました。
途中で起きてしまい父親に泣きつく子供もいましたが、ほとんど静かに寝ていました。

image

子供達を寝かしつけた後、火を囲む父親達

子供達が寝た後、火を囲み酌み交わす父親達。
下らない話から普段言えないような話まで、膝を交えて話し、昼間の疲れを癒やしていると、静かに夜も更けていきます。



image

朝ご飯作りの手伝いをする子供達

翌朝、23日朝。今日も良い天気です。
子供達は4時30分頃には目覚めて遊び始めます。
良く寝て元気になった子供達は、夕ご飯よりもいっぱいご飯を食べました。

image

下山前に記念撮影

ここからはあっという間に下りてしまいました。
子供達は下りてからも川原で遊び続けます。

子供達は歩いているか、寝ているか、遊んでいるかのいずれかでした。
父親達は歩いているか、座っているか、飲んでいるかのいずれかでした。

天気にも恵まれ、大きな問題もなく、皆が蛭ヶ岳山頂に登る事ができました。
残念だった事を強いて挙げるとすれば、ヒルを全然見かけなかった事くらいです。
とても楽しい二日間でした。

園に帰ってきた子供達はもちろん、父親達もみんな良い顔をしていました。
子供達同士、父親同士一層信頼のおける関係を築けたのではないでしょうか。

totoroyouchisya at 22:56|Permalink