2019年05月29日

2019年05月29日

赤組きびがら小屋宿泊登山(5/26~27)

恒例行事の登山の朝、集合場所に現れた子どもたちはとても元気!
この日に合わせてお父さんも子どもたちも体調を整えて、やって来ました。
遠くへ引っ越したKRくんも、
夏休みを利用してニュージーランドから来ているKYくんも、
みんな揃って、おはようございます!
image1

沿道にはたくさんのお見送り!「いってきまーす!」「いってらっしゃーい!」
neko (2)

登山道の入り口で車を降りて、登り始めました。
お父さんとおしゃべりしたり、歌を歌ったり。
子どもたちの足取りが去年よりぐっと力強くなっていました。

大きな荷物を軽々と運ぶ園長と、その後をさっと着いて行く子どもたち。
image2 (2)

暑いくらいの晴天に恵まれ「お水がおいしいー!」
DSCN0276

DSCN0292

DSCN0309

お昼前に小屋に着きました。
DSCN0322

そこから先は、
山小屋の周りで過ごす。
蛭が岳まで登る。
途中の姫次まで行く。
お父さんと子どもたちは気力や体力・体調と相談して、それぞれの選択をしました。

今年の目的は「山に泊まることを楽しむ」。皆その主旨を理解し、思いきり楽しみました。
DSCN0330 (2)

DSCN0340

DSCN0363 (2)

みんなで夕飯を食べ、寝る寸前まで遊びました。
同じ釜のご飯を食べて、朝起きたらまたすぐに友達と遊べる。
それが楽しい。とってもうれしい!
image6 (2)

翌日下山して、山のふもとの川で遊び、ラーメンを食べてから、
お母さんの待ってる横浜に帰りました。

「ただいまー!」「おかえりなさい!」

園での報告会ではすっかり仲良しになったお父さんたちの
楽しい話を聞くことができました。

年齢差も国境も越えて、仲間になったお父さんたちと子どもたち・・
DSCN0402 (2)

今回の登山で、子どもたちの心に、山はもっと身近なもの、楽しいものなのだという記憶ができたら、それが一番。
それを支えるのはいつも通りのごはん、装備、友達、遊び。
日常の延長で、登山を楽しむことができました。

準備をしてくれた皆さん、応援してくれた皆さん、ありがとうございました。

(担当 Y/T)



totoroyouchisya at 08:45|Permalink